メニュー
LINEで送る

どれがいいのだ?マリアアザミ・ウコン・しじみのどれを選ぶのか?

脂肪肝の治し方

しかし、下手な絵だな!

 

脂肪肝の治し方

肝臓に良い。と言われているものは数々ある。さて、どれを選べばいいのか?肝臓に良い!といって思いつくのはマリアアザミ・ウコン・しじみの3つくらいだ。なんでも良いというわけではない。曲者が多いのだ、曲者が!

 

曲者しじみ!

有効成分はオルニチンである。しかし、最近ではオルニチンを効果的に摂取するにはしじみ10kg食べんといかんということなのだ。
サプリでもせいぜい800mgを取るのがやっとである。シジミ10kgで1600mgである。取るには大変なことだな。まあ、サプリの場合は通常の倍飲めばいいことになる。

 

二日酔いの時は、シジミエキスを今までの倍摂取する!

 

脂肪肝の治し方

 

シジミの鉄分は肝臓に悪い!

これが問題なのだ。肝臓が調子が悪いのでシジミを取るのに、シジミの鉄分が良くないでは、身も蓋もない。シジミには鉄分が豊富に含まれておる。
冒頭でも述べたが、肝臓に悪いとは慢性肝炎や肝硬変、C型肝炎の人のことを指すのである。慢性肝炎くらいなら・・。っと思うフシもあるが、悪いと言われてそんなものを飲む奴はいないだろう。選び方は、シジミエキスには鉄分は含まれない。シジミの粉末には鉄分が含まれる。

 

サプリを選ぶ場合は!

鉄分の含まないシジミエキス入りを選ぶのがコツだ。粉末はダメじゃ!

 

肝臓の調子が悪くて飲むのだ。なんか気が引けるではないか!シジミの時代は終わったな。二日酔い防止くらいには効果があるのだろうか・・。しかし、1600mgが気にかかる。

 

鉄分が多いシジミ!
  カルシウム ビタミンA(カロテン) ビタミンB2 ビタミンB12
しじみ 130mg 5.3mg 120μg 0.25mg 62.4μg
あさり 66mg 3.8mg 22μg 0.16 mg 52.4μg

 

曲者ウコン!

ウコンといえばクルクミンである。これも二日酔いの友として、長年親しまれてきた。が、最近はウコンのクルクミン自体は肝臓に効果があるのだが、人体に吸収されにくい。という事が発表された。いくら効果があっても体に吸収されなければ意味などない。ワシを長年騙しおったな!
ウコンの力もわからんくせにウコンの力なんぞ販売しよって!いい根性しとるぞぃ。

 

脂肪肝の治し方

 

ウコンが効くのは気のせい?

どうりで二日酔いの日にウコンのドリンクを飲んでも効かないはずである。試験管の中でいくら効果が出ても人体で効果が出なければなんの意味もないな。健康食品には、治験などなくても良いのである。せっかくの良い素材である。これからを期待する。

 

これからウコンの時代がまた、来るのだろう!

 

なんも問題ないマリアアザミ

有効成分はシリマリンである。シジミやウコンと違いマリアアザミは2000年の歴史がある。ヨーロッパでは常識なのだ。歴史が長いぶん研究も進んでおる。肝臓をいたわる人一部の人には有名なのである。ワシも最近ヨーロッパ旅行で知ったのである。

 

脂肪肝の治し方

 

脂肪肝の治し方

ヨーロッパは、ボディビルが盛んである。筋肉増強剤を飲むと肝臓がやられる。

それを防ぐためにマッチョ達は、マリアアザミを愛飲しているのである。
そう言えば外国の友人で肝臓のためにシジミを食う!カレーを食う!など聞いたことはない。

 

 

消去法で行くとマリアザミしか残らんな。ワシは効果があればなんでも良いのである。
マリアアザミは、何にもしてないのに周りがぶっこけた!という感じであろうか。