メニュー
LINEで送る

海外でのマリアアザミ(シリマリン)の評価

マリアアザミ シリマリン ミルクシスル

マリアアザミは、日本のサプリではないので海外での評価を調べてみた。ベタ褒めだな!ここまで言われると、なんか怪しく感じてしまうぞぃ。参考にしてくれ。

 

マリアアザミ シリマリン ミルクシスル

 

マリアアザミは、2000年以上にわたって使用されてきました。 この植物は、地中海地域の原産であり、 ヒマワリなどの植物も含まれています。
マリアアザミは、抗酸化作用と抗炎症作用を持つ天然ハーブで肝臓を解毒するためによく使われている。

 

抗酸化物質として、マリアアザミ(シリマリン)はビタミンEやビタミンCのような他の栄養素と同様に強力に作用します。これはフリーラジカルの損傷を防ぎ 、病気の発症につながる老化プロセスを遅らせます。植物の種子由来の高レベルの親油性抽出物を含み、免疫性を高め、酸化ストレスを遅らせるバイオフラバノイド抗酸化剤として作用します。

 

肝臓は常にフィルターのように作用して身体から有害物質を取り除くため働いています。マリアアザミは肝臓の強力なサポーターです。
マリアアザミは、農薬、処方薬、 抗生物質 、汚染、 重金属などによって引き起こされた肝臓の損傷を減少させるのです。

 

マリアアザミ(シリマリン)の推奨量

サプリとして使われているので推奨量は、基本的にありません。ほとんどの人は毎日20から300ミリグラムを消費するのが最適です。

 

体を一時的に解毒する方法として、ミルクシスルの推奨1日摂取量は150ミリグラムで、1日に1から3回服用します。
マリアアザミ(シリマリン)が少なくとも80%の純粋なシリマリン抽出物の商品を選ぶ事です。
肝臓のためには高品質なマリアアザミ(シリマリン)を選ぶことが重要です。

 

マリアアザミ(シリマリン)のメリット

がんの発生、高コレステロール 、 糖尿病 、腎臓結石、 胆嚢疾患、化学療法の副作用、アルコール使用、 皮膚損傷などを含む、さまざまな症状や病気から毒素を取り去ってくれます。

 

マリアアザミ(シリマリン)の副作用

マリアアザミは安全かつ耐容性が高いと考えられており、報告されている副作用はごくわずかです。(希に下痢など)推奨用量範囲内で摂取すると、ミルクシスルはアレルギー反応および相互作用がほとんどないと考えられている。

 

がんの予防に役立つ

マリアアザミの主成分シリマリンは、免疫系を増強し、DNA損傷と戦い、癌性腫瘍の増殖を逆転させることによって、癌発症リスクを低下させることと関連している。
ミネソタ大学の研究者らは、2007年にミルクシスル治療治療に関する数多くの研究をレビューした結果、「ヒト前立腺、皮膚、乳房、および子宮頸部細胞における癌細胞増殖の阻害を含む、シリマリンの肝保護および抗発癌効果に対する強力な臨床前の証拠がある」事をつきとめました。

 

高コレステロールを下げる

マリアアザミは、心臓の健康に役立ち、炎症を軽減し、血液を浄化し、動脈内の酸化ストレス障害を予防することにより、 高 コレステロールレベルを低下させるのに役立ちます。

 

糖尿病の予防

国立衛生研究所によると、マリアアザミの主な化学物質であるシリマリンを従来の治療法と併用することで、血糖コントロールを助けることによって糖尿病の症状をコントロールすることができるという説得力のある研究があります。 インスリン抵抗性患者の血糖値を低下させるのに役立つ実験的および臨床的研究では、ミルクシスルに見られる抗酸化物質の価値ある効果が報告されています。
薬用植物研究所の薬理学科が実施した2006年のある研究では、糖尿病患者にシリマリン抽出物を4週間以上投与すると、空腹時血糖値とインスリン値がプラセボ投与群と比較して有意に改善した。

胆石の予防

胆嚢 、膵臓、腸、腎臓などの肝臓やその他の消化器官は肝臓の健康状態を改善するために密接に連携しているためマリアアザミは胆石や腎臓石の予防にも役立ちます。

皮膚がんと皮膚の健康

皮膚癌のような皮膚疾患を引き起こし得るUV誘発酸化ストレスの強力な阻害剤であると考えられている 。 研究はまた、マリアアザミ中に見出されるシリマリンを皮膚に適用することが、癌治療を受けた患者の放射線治療によって引き起こされる皮膚損傷を軽減することを示唆している。

 

アンチエイジング効果

マリアアザミ(シリマリン)の肌の保護機能は、 お肌の老化を改善します。マリアアザミを使うと皮膚のがんやダメージ、シワ、ラインや変色などの皮膚の老化を防ぐのに役立ちます。