メニュー
LINEで送る

メチオニンを含む食品は、脂肪肝を防ぐ働きがある。

メチオニン?また、聞いたことない成分だな。これも必須アミノ酸のひとつである。
メチオニンは、1921年にアメリカの細菌学者John Howard Muellerによって最初に発見された。という事だが、結構古い話だな。
これは、食事からしか摂取できないので気にして食べないといかんな。

 

とは言っても、この成分は、普通に食べていれば摂取できる成分である。

メチオニンを含む食品

  • かつお・マグロ
  • 鶏肉
  • 牛肉
  • チーズ
  • 豆腐・納豆・ナッツなど
  • 牛乳

 

こんなもん不足することあるのかねぇ・・。大抵の人が好きなものばかりではないか。まあ、菜食主義の人や偏食の人はわからんがな!

メチオニンの効果

  • 肝機能の改善
  • うつ病※メチオニンはこれらの症状を改善させる脳内物質の材料となる。
  • アルコール依存症
  • アレルギー※ヒスタミンを抑える働きがある。
  • 喘息
  • 銅中毒
  • 放射線副作用
  • 統合失調症
  • 薬物離脱
  • パーキンソン病
  • 抜け毛※メチオニンが不足するとハゲるぞぃ!

 

メチオニンは薬の中毒症にも使われる。

メチオニンは、アセトアミノフェン(鎮痛剤)中毒における肝障害を予防するために使用される。尿の酸性度を高め、肝障害を治療して創傷治癒を改善するためにも使用されています。

 

メチオニンの動物実験によると
  • 骨が丈夫になる。
  • デトックス効果がある。
  • 腸を健全にする。
  • メチオニンは免疫システムを向上させる。

まあ、いろいろあるがワシには難しくてわからんな。