メニュー
LINEで送る

肝臓に良い成分の一覧

肝臓に良い成分一覧

肝臓に良い成分!たくさんあるのぅ。
気が付くと増えているし、これは、効果なし!なんて事にもなっている。

 

わけわからんのでまとめてみた。そんなカテゴリーだぞぃ。

 

肝臓に良い成分の一覧

  • ウコン
  • オルニチン
  • タウリン
  • スルフォラファン
  • アラニン
  • 肝臓エキス
  • L-シチスン
  • 亜鉛
  • プロポリス
  • アルギニン
  • セサミン
  • 肝油エキス
  • コリン
  • レシチン
  • メチオニン
  • フコイダン

 

多いな!調べるのが面倒になってきたぞ!
ちょっと調べただけでこんなにあるぞぃ。こんなにあったら何がいいのかわからんな。
人それぞれ足りない栄養は違うからなぁ。

 

何が足りんのかわからん!

ということで、ドラッグストアで悩んだことがある。
一体ワシには何が足りんのだ?ということでマルチビタミンを購入した事がある。もう、面倒になってな!

 

しかし、マルチビタミンでは、1つ1つの成分は、1日の有効成分量には満たないという事だ。一体どうすりゃいいのだ!
やたら粒はデカいしな。飲みにくいぞぃ。


肝臓に良い成分の一覧記事一覧

アルコールを飲み続けると、腸での亜鉛の吸収を妨げて尿に排泄させてしまう。こりゃ、困るな。亜鉛は、男にとって大事な成分なのだ。亜鉛の肝臓への働き低亜鉛はアルコール性肝障害と関係がある。亜鉛は肝臓損傷を軽減するのである。肝臓というより、こっちのほうが大事である!テストステロンテストステロンは、聞いた事があると思うが、男性ホルモンに置き換えても良い。これが少ないと男性の魅力が低下するという。例)勃起不全...

金沢大学の研究によるとブロッコリー芽の成分であるスルフォラファンが体内に取り込まれた化合物を解毒して抗酸化能を高めることによって癌予防の効果がある事がわかった。その他の研究では、脂肪肝の男性がブロッコリーを一定期間摂取したところ肝機能が改善し、ALT、γ-GTPおよびALPを減少させた。グルコラファニンとは?グルコラファニンは、人の体内でスルフォラファンに変化するのだ。ブロッコリーおよびカリフラワ...

フコイダンは、多くの種の褐藻類(ワカメ、もずく、コンブ)に含まれる複雑な多糖類である。みんなヌルヌルしているな。そのヌルヌルにフコイダンが含まれているのだ。昔からヌルヌルした食べ物は健康に良い!なんて言われていたからな。フコイダンがその理由なのだな。フコイダンは、褐藻の天然成分であり、様々な癌タイプに対して抗癌活性がある。化学療法剤や放射線に伴う毒性から保護することができる。したがって、現在の抗癌...

アラニン、またはLアラニンは、肝臓から毒素を排除するのに役立つアミノ酸です。という事だが、アラニンは、肝臓というよりも筋肉(スポーツ)に関する効果の方が有名である。アミノ酸は、強く健康な筋肉を構築するために重要です。アラニンは、体の筋肉タンパク質が激しい運動が原因でその細胞が損傷するのを防ぐのに役立つことが示されている。低タンパク食や摂食障害、肝疾患、糖尿病、尿路循環障害を引き起こす遺伝的要因があ...

メチオニン?また、聞いたことない成分だな。これも必須アミノ酸のひとつである。メチオニンは、1921年にアメリカの細菌学者John Howard Muellerによって最初に発見された。という事だが、結構古い話だな。これは、食事からしか摂取できないので気にして食べないといかんな。とは言っても、この成分は、普通に食べていれば摂取できる成分である。メチオニンを含む食品かつお・マグロ鶏肉牛肉チーズ豆腐・納...

肝臓エキスとは、肝機能が弱っているから肝臓の成分を補給しよう!という単純な発想なのだが・・。これは、中国の薬膳では同物同治(どうぶつどうち)と言われている。中国医学によるものだ。中国医学とは?中国を中心とする東アジアで行われてきた伝統医学である。とにかく歴史が長い。約3000年前にその医学書が書かれている。体の悪い部分があると、それと同じ部分を食べて、直してしまえ!という考え方だ。同じ部分なので有...