メニュー
LINEで送る

川原の近くに住んでいる人必見!かわらよもぎを煎じて飲む

二日酔い


かわらよもぎをご存知だろうか?
その名のとおり河原や海岸の砂地に多く生えている。

これを煎じて飲むのだ。立派な生薬なのだ。生薬名が茵陳蒿(いんちんこう)という。インキンじゃないぞ!ギャハハ・・。すまん・・。
これも肝臓機能を高める効果があるのだ。
詳しくは 薬用植物一覧表(かわらよもぎ)を見てくれ。
見分け方も書いてあるぞ。


かわらよもぎ茶の作り方だ!

用意するもの
  • かわらよもぎ
それだけ。

川原や海辺の砂地に生えているので花が咲く7.8月にくきから刈り取ってしまえ。こんなものいくらもっていっても文句は言われんので遠慮なく。

そして、陰干しして乾燥させる。

出来上がったら10g〜20gを煎じるのだ。500mlの水が半分位になるまで煮詰める。飲む料は適当にだ。1回50mlくらいが目安だな。
それを1日3〜4回に分けて飲むのだ。これは、材料費が一切掛からないのが嬉しい。
簡単だろう!近くにかわらよもぎがないと話にならんがな。



追加

ドジョウも肝臓に良いのだ!利尿作用に優れている。ビタミン類も豊富だしな。とはいってもドジョウなど、今時売ってもいないし、捕る訳にもいかんし・・。
柳川鍋くらいしか思いつかん。という事で却下だな。


もし、近くにドジョウがいる人は・・。そんなもんおらん!